Info

Toko Okuda, 2015 January 2nd, Barcelona

Posts from the Fairs Category

年2回開催されるParisのインテリア見本市Maison et Objetに行ってきました。

見本市ってわりと好きでジャンルを問わず楽しめますがやっぱり家具や素材に関係しているものは真剣になります。

パリの見本市はトレードの場所としてミラノサローネより評価が高くフランクフルトのメサゴメッセに次ぐといわれていますが、出展品目の幅が若干広すぎて会場も巨大で見るのがたいへんです。

私の最大の目的は初出展の加茂桐簞笥連盟の展示を見に行くことでしたが、ブースについたとたん連盟のみなさんには”青木さんのおっかけ”としてすでに認知されていました。

新潟の加茂市にはまだ桐簞笥屋さんが30軒もあって、その連盟で新進気鋭の若いデザイナーとコラボレートしモダンな桐ダンスも制作している活気のある街です。詳しくはこちらPAULOWNIA

みなさんとても明るくにこやかな方ばかりですがどことなくシャープであか抜けた感じがするというか、きっと極限的な美の極みに辿りつけそうな、洗練された土地柄なのだろうと感じてしまいます。なんとも魅力的な場所、と思っていたら小京都マップにものっていました。

今夜パリからバルセロナ行きの飛行機にのりますが次に飛行機の乗るときは新潟行きかもしれません。案外近いうちに一時帰国するかもしれません。

私は青木さんのファンということで、もうすこしデコラティブなタッチになると思いますが笑、巨匠のお力をお借りして、それはそれは美しいものができたらいいな。。。。と願ってやみません。

というわけでみなさまにはかわらず、ご指導、ご支援たまわりますよう、お願い申し上げます。

東子

visit Maison et Objet ; one of the biggest interior trade show in Paris

to see a japanese paulownia chest maker – – -Maestro Mr. Mizushina

It was very lucky I met his works in the last Mesago Messe in Tokyo. I was just standing for 3 hours in front of beautiful chests,looking,looking and looking….the amazing craft work.

Now I am under planing with him to make a good furniture !!

Please keep your eye on the up-coming work ♪ ; )

Toko

“青木さん”こと青木タンス店の巨匠・水信さん

屋内会場の床に穴があいて地植えされているオリーブの木。いい考え。